< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 .. 151 >
 
2016 年 9 月 3 日

フィリア美術館 2016年9月の予定

フィリア美術館の9月の予定をお知らせいたします。
 
■ 展示内容

  • 第1展示室 ・・・ 企画展示 「瀬辺佳子 彫刻展」
  • 第2展示室 ・・・ 常設展示 「ケーテ・コルヴィッツ」
  • 第3展示室 ・・・ 常設展示 「ミエチスラフ・コシチエルニアク」
  • 第4展示室 ・・・ 企画展示 「瀬辺佳子 彫刻展」

 
■イベント

  • PEACE CARD 2016
    9月9日(金)~25(日)
    参加型のイベントです。
    今年のテーマである「となりを愛せてますか?」 にかかわらず、広くピースを題材としたカードをお送りください。

 

『瀬辺佳子 彫刻展』

『瀬辺佳子 彫刻展』

 

■9月の休館日

  • 1日、7日、8日、14日、15日、21日、26日~31日
    ※ 2015年10月から、水曜日と木曜日が定休日となりました。
    ※ 9月22
    日木曜日(秋分の日)は開館いたします。 

 

■ 開館時間

  • 9:30~17:00

 

■ 入館料

  • 一般 ・・・ 500円
  • 小・中学生 ・・・ 300円

(入館料の割引についてはこちらをご覧ください)

 

2016 年 9 月 3 日

2016年8月後半の活け込み フロックスそしてメキシカンハット

園芸家Kさんによる活け込みを、8月の後半、二週間分まとめてご紹介いたします。

 

まず
8月第3週目の活け込みは、
フロックスとパニカム。
足もとにタカキビの葉をあしらっています。

フロックスとパニカム その1

フロックスとパニカム その1

玄関の外からパチリ。
背後にみえる彫刻は『アジールの門』(瀬辺佳子 2006年)です。

 

フロックスとパニカム その2

フロックスとパニカム その2

玄関の中からパチリ。
フロックスは、赤やピンク、紫などのバリエーションがありますが、
Kさんが選んでくださるのはいつも白。
オイランソウとも呼ばれていて、「おしろい」を連想しますが、香りが花魁の白粉の匂いに似ていることから付けられたようです。
夏の盛りの熱気をいなす、さわやかな白い花、素敵です。

 

そして
8月第4週目の活け込みは、
メキシカンハットを中心に、オトコエシとソリダコです。
こちらにもタカキビの葉をあしらっています。

メキシカンハットを中心に、オトコエシとソリダコ その1

メキシカンハットを中心に、オトコエシとソリダコ その1

 

メキシカンハットを中心に、オトコエシとソリダコ その2

メキシカンハットを中心に、オトコエシとソリダコ その2

 

メキシカンハットを中心に、オトコエシとソリダコ その3

メキシカンハットを中心に、オトコエシとソリダコ その3

ソンブレイロのような形状から名づけられたというメキシカンハット。
踊るように咲き誇っていますね。
そしてオトコエシとソリダコの小さな花がさりげなく隙間を埋めてリズムをつくっています。
強烈な夏色、素敵です。

 

乾いた日々が続いたかと思えば、大型の台風が行き過ぎました。
日々うつりゆく八ヶ岳高原の景色や草花とともに
瀬辺佳子さんの彫刻展を、ぜひお楽しみください!

 


 

『瀬辺佳子 彫刻展 あたらしい なつかしい へうげたる者達』

会期 : 2016年 7月22日(金)~9月25日(日)
休館日 : 水曜日・木曜日 (9/22は開館します)
開館時間 : 午前9時30分~午後5時
入館料 : 一般500円・小中学生300円
常設展:ケーテ・コルヴィッツ、ミエチスラフ・コシチエルニアク

◎9月9日(金)~25(日)
『PEACE CARD 2016 フィリア展』を開催いたします。
皆様のご参加を、お待ちしております。

 


 

瀬辺佳子(せべよしこ) 略歴
1970年     東京藝術大学大学院修了以後、個展を中心に活動
2010年     ギャラリー・オカベ/東京  ギャラリー・アカンサス/大阪
2011年     ギャラリー間/千葉  ギャラリー・テトラヘドロン/岡山
2012年     ギャラリー・オカベ/東京
2013年     ギャラリー間/千葉  ベストセレクション美術出品/東京◇東京都美術館主催  アートガーデン/岡山
2014年     ギャラリー・オカベ/東京
2016年     ギャラリー倉敷/岡山
現在、新制作協会会員

 


 

 

 

2016 年 9 月 3 日

『瀬辺佳子彫刻展』 @山梨日日新聞 8月27日発行 文化・くらし欄

8月27日発行の山梨日日新聞の文化・暮らし欄で、“生命力宿す奇抜な造形”として『瀬辺佳子彫刻展』をご紹介いただきました。
『アジ-ルの旗』(2009年)、『急ぎすぎた男』(2014年)、『初めての降り立ち』(2008年)、
そして『卵を運ぶ男』(2013年)とともに

作品名にたびたび使われる「アジール」は「権力の及ばない地域」のこと。「誰もが等しく生きられる場所があればいい」と話す瀬辺佳子さん

の写真も掲載されています。

フィリア美術館でもご覧いただけますが、
山梨日日新聞電子版“さんにちEye”でも閲覧することができます。
http://www.sannichi.co.jp/article/2016/08/27/00143972

とても良い記事です。
ぜひご一読くださいませ。

 


 

『瀬辺佳子 彫刻展 あたらしい なつかしい へうげたる者達』

会期 : 2016年 7月22日(金)~9月25日(日)
休館日 : 水曜日・木曜日 (9/22は開館します)
開館時間 : 午前9時30分~午後5時
入館料 : 一般500円・小中学生300円
常設展:ケーテ・コルヴィッツ、ミエチスラフ・コシチエルニアク

◎9月9日(金)~25(日)
『PEACE CARD 2016 フィリア展』を開催いたします。
皆様のご参加を、お待ちしております。

 


 

瀬辺佳子(せべよしこ) 略歴
1970年     東京藝術大学大学院修了以後、個展を中心に活動
2010年     ギャラリー・オカベ/東京  ギャラリー・アカンサス/大阪
2011年     ギャラリー間/千葉  ギャラリー・テトラヘドロン/岡山
2012年     ギャラリー・オカベ/東京
2013年     ギャラリー間/千葉  ベストセレクション美術出品/東京◇東京都美術館主催  アートガーデン/岡山
2014年     ギャラリー・オカベ/東京
2016年     ギャラリー倉敷/岡山
現在、新制作協会会員

 


 

 

  
 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 .. 151 >