HOME > 展示 > 常設展
常設展示

   
『ピエタ(Pieta)』コルヴィッツ展ポスター ケーテ・コルヴィッツ
Kathe Schmidt Kollwitz

 

 

当館では、彫刻作品『ピエタ』(ブロンズ/1937年)を中心に、
ケーテ・コルヴィッツの作品を常設展示しています。

コルヴィッツ「自画像」


ケーテ・コルヴィッツは・・・
 

1867年7月8日、東プロイセンのケーニヒスベルヒ(現在リトアニア共和国)に生まれ、1945年4月22日、待ち望んでいた第二次世界大戦の終戦間近に、モーリッツブルクにて77才で亡くなりました。

彼女の力強い版画や彫刻の初期作品のモチーフとなったのは、医師である夫の診療所を訪れる貧しい人びとでした。そうした主題は、虐げられた存在を哀悼し告発するものでありますが、彼女の作品からは「反戦」などのメッセージだけでなく、普遍的な広がりや奥行きが伝わってきます。それは彼女が自身の日記で、貧しくも真直ぐな眼差しの働く人びとが「私には無条件に美しいと感じられた」と綴っていることからも伺えます。


展示のページに戻る
ミエチスラフ・コシチェルニアク
コシチェルニアク「希望」1912年1月29日
 ポーランド中部カリシに生まれる。
 クラコフの美術アカデミーに学ぶ。

1939年
 徴兵され、ワルシャワ防衛線にて負傷、郷里に帰り、対ドイツレジスタンスに加わる。

1941年2月3日コシチェルニアク「聖家族の像」
 レジスタンス活動とポーランド人が射殺されるところを描いた16歳のときの作品のために逮捕され、「送還無用」のメモと共にアウシュビッツに送られる。囚人番号15261、悪名高い労働班に配属される。偶然、絵画の才能を発見され、ナチの親衛隊のために絵を描かされる。密かに監視の目を盗んで、獄中の仲間や地下運動のための絵も描き、洗濯物にまぎれこませ収容所の外に持ち出す。

1945年1月18日
 メルク・エーベンゼーの各強制収容所に移送されたが、米軍により解放される。

 

前のページに戻る このページのトップへ